墓じまいを知る

  • HOME
  • 墓じまいを知る

墓じまいとは?


墓じまいとは、お墓を片づけて更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことを指します。お墓には遺骨が安置されているので、一番の問題は”取り出したご遺骨をどうするか”です。
ご遺骨の納められたお墓は、遺された人々の心のより所でもあるので、墓じまいとは、遺骨とともに遺された人々の想いを別の場所へ移す作業ともいえます。

なぜ墓じまいをするの?

墓じまいをする理由として多いものは以下理由が挙げられます。

・お墓の継承者がいないためお墓を守ることができない
・地方にあるお墓なので遠方の為、参拝が難しく管理することができない
・金銭的な負担や、お墓を守る負担が大きい

上記のような理由から、墓じまいを行う方が年々増加しており、厚生労働省の衛生行政報告例という統計によりますと、ここ数年は毎年7万件から8万件ほどの墓じまいがおこなわれており、年々微増傾向にあるそうです。

墓じまいは前向きな選択

先祖代々のお墓を墓じまいし、ご遺骨を改葬することに対し、後ろめたく思う気持ちがあるかもしれません。
しかし、墓じまいをする理由からもわかる通り、現代の核家族化や、高齢化を考慮すると、墓守がいないことや、参拝管理ができない状態でお墓を野放しにしてしまう事の方が、ご先祖様をきちんと供養して差し上げられなくなってしまうのです。
墓じまいをし、ご遺骨を改葬すれば改葬先が永代供養をしていただけます。
また、お墓を維持管理することは経済的にも負担になりますので、次の世代に経済的な負担を残したくないという思いに対しても墓じまいをして、残される者の負担を軽減できるというのは、とても前向きな選択なのです。

墓じまいの手順・方法 準備編

墓じまいを実際に行うためには、以下の手順で下準備をする必要があります。
親族間の合意を得るなどとても大事なことがありますので、以下の手順をご参考にして下さい。

①親族間の合意を得る

お墓はご先祖様の埋葬されている場所であり、様々な方の想いの拠り所になるものです。墓じまい=先祖を軽視していると感じる方もいるかもしれません。
どうして墓じまいをするのか、改葬先はどうなるのか等、時間をかけてでもゆっくりと話し合いを進めてください。一人で墓じまいの手続きをして、事後報告をすると思わぬ親族間トラブルに繋がってしまう恐れがあります。

②改葬先を決める

墓じまいをした場合取り出したご遺骨をどこに改葬するのかをきちんと話し合って決めましょう。納骨堂や合祀墓等、永代供養をしてくれる場所を改葬先に選ぶ方が多いですが、それぞれの永代使用料や条件等を考慮した上で話し合いをするとよいでしょう。また、今のお墓に何霊納まっているかを把握しておくことも大事です。

③お墓の管理者に伝える
親族間の同意を得るのと平行して、お墓があるお寺や霊園の管理者にも墓じまいをしたい旨を伝えておきます。親族間の同意がほぼ得られるなどの条件が整った後、改めて墓じまいを申し出ます。専用書類についても確認しておくことを忘れずに。

墓じまいの手順・方法 役所手続き編

墓じまいの下準備が整ったら改葬の役所手続きをする必要があります。
必要書類を提出する簡単な作業ですが、改葬許可証を発行するまでにあらかじめどのような書類が必要なのか知っておくとよいでしょう。

①改葬許可申請書を入手する

改葬には改葬許可証という書類が必ず必要になります。この書類はお墓のある市区町村から発行される書類です。
各市区町村によって申請書のフォーマットが異なりますので、お墓のある市区町村のホームページから専用の用紙をダウンロードするか、書類入手の方法をお電話で伺ってみましょう。

②改葬許可申請に必要な書類・ものを揃える

改装許可申請書と一緒に提出する書類は以下のものになります。

❶埋葬証明書(埋葬事実証明書・納骨証明書とも)
➋受入証明書(永代使用許可書)
➌申請者の印鑑
➍委任状(申請者と墓地所有者が異なる場合)

❶に関して
埋葬証明書はお墓の管理者に発行してもらう書類になります。
寺院墓地であれば寺院から、霊園であれば霊園から発行してもらいます。
そのどれにも当てはまらない個人墓地の場合は、墓地所有者がフォーマットに則って記入します。

➋に関して
受入証明書は改葬先の管理者から発行してもらいます。
墓じまいをした後に改葬予定の管理者に受入証明書が必要な旨を伝え、発行してもらいましょう。

➌に関して
申請者の印鑑は上記書類を提出し申請時に必要になります。忘れずにお持ちください。

➍に関して
改葬許可申請者と墓地所有者が異なる場合、墓地所有者の委任状が必要になる場合があります。各市区町村により異なりますので、申請者と所有者が異なる場合はあらかじめ委任状の有無を確認しておきましょう。

③改葬許可証の発行が済んだら

改葬許可証が発行されたら、改葬先への埋葬の際に必ず必要になる書類ですので、大切に保管管理をしておきましょう。

墓じまいの手順・方法 実際に墓じまいを編

書類手続きまで済んだら実際に墓石を解体し、改葬するまであと少しです。
墓石の解体やご遺骨の取り出しは石材店に依頼しましょう。

①墓石解体やご遺骨取り出しを依頼する石材店を決める

墓じまいを請け負う石材店といっても、どのような業者にお願いをしてよいかわからない方が殆どです。墓じまいの業者別の違いの一番は費用です。
石材店に墓じまいの見積もりをしてもらい、予算に合った業者を選びましょう。

②お墓の閉眼供養の日程を決める

墓じまいをする際は、お墓の閉眼供養(魂抜き)をします。
寺院墓地の場合は、管理者のお寺に法要を行う日程、お布施を確認し法要の依頼をしましょう。
お寺に御縁の無い場合は、石材店にご紹介いただいたり、僧侶の紹介業者を通じて法要の日程を決めましょう。

③依頼先の石材店とご遺骨の取り出しと墓石解体の日程を決める

依頼先の石材店に閉眼供養の日程を伝え、ご遺骨の取り出しと墓石解体の日程を決めます。
ほとんどの場合、閉眼供養を行う同日に法要の後ご遺骨を取り出し、解体作業に移ります。

④墓じまい当日

閉眼供養をし、ご遺骨を取り出したら、骨壺が破損しないように注意して持ち帰りましょう。
墓石の解体は立ち合いの必要がありませんので、あらかじめ決められた納期までに墓石解体完了の連絡があると思います。

⑤改葬先へ埋葬

お墓から取り出し、お持ち帰りいただいたご遺骨を改葬先へ埋葬します。
埋葬の際は改葬許可証が必要になります。その他埋葬までの手続きは改葬先の管理者にお問い合わせください。

ここまで読んでいただいた方は、墓じまいの手順に関してご理解していただいたかと思います。
前向きな選択としての墓じまいをご検討している、
墓じまいの相談をしたいという方のご相談を全国お墓相談センターでは承っております。