お墓を知る

  • HOME
  • お墓を知る

お墓の種類

お墓に関してのお悩みの一つに“自分に合ったお墓のタイプがわからない”というものがあるかと思います。
それぞれのお墓の特徴を見て、自分に合ったお墓のタイプを探してみましょう!

寺院墓地(檀家墓地)

寺院が檀家のために寺院の敷地内に設ける墓地(墓苑)です。
寺院墓地の使用権は、その寺院の檀家になることが前提です。
昨今では、檀家以外の方も利用できる合祀墓や納骨堂もあります。

【寺院墓地の特徴】

・寺院の檀家にならなければいけない場合がある
・寺院の境内にあるので安心感が持てる
・市街地にも所在するため、参拝の便が良い

公営墓地

都道府県や市町村など、地方自治体が設ける霊園です。公営墓地の使用権は公募によって決まりますが、応募資格として、当該霊園を運営する自治体に住んでいること、亡くなった方のご遺骨がすでにあること、親族に承継者がいることといった条件がある場合が多いようです。昨今では、継承者に困る方も多く、また、公募の競争倍率も高い。

【公営墓地の特徴】

・ 管理運営主体に安心感がある
・ 宗旨・宗派を問わない
・ 利用にあたり、住居地などの制限がある
・ 競争倍率が高く、抽選になる場合もある
・ 墓石の大きさや形に制限がある場合が多い
・ お墓、墓石の石材店の指定が無い

民営墓地

財団法人や社団法人、または宗教法人から委託を受けた民間会社が管理・運営するもので、多くの場合、広い敷地を持ち、公園のように整備されています。
運営主体があっても、宗旨・宗派は問わないことが多いようです。
また、お墓のタイプも様々なものがあります。

【民営墓地の特徴】
 宗旨・宗派を問わない
・ お墓、墓石の大きさや形がある程度、自由に選べる
・ 利用にあたっての資格制限がない
・ 広く明るく、公園のように整備されている
・ 市街地にある場合が多く、墓参に便利
・ お墓、墓石の石材店が指定されている場合が多い

公園墓地

遊歩道などの整備があり緑や広場がある墓地のことで、ほとんどの公園墓地が敷地の広い場所となっており、お墓参りだけでなく公園としてジョギングをしたり普段の憩の場所として利用できるのが公園墓地です。
緑が多く広場が整備されている

【公園墓地の特徴】

・購入者の資格制限が厳しくなく宗旨宗派を問わないところが多い
・墓地ではあるが、明るい雰囲気ところが多い
・お墓の区画の広さや墓石のデザインを自由に選ぶことができる
・敷地が広い為、お年寄りは参拝が大変

納骨堂

納骨堂とは骨壷に遺骨を入れて安置しておく施設のことです。一般的なお墓のような墓石はなく、お墓の掃除なども必要ないため、人気があります。
遺骨を納める場所は、ロッカー型や仏壇型などがありますが、最近は自動式納骨堂と呼ばれるシステム管理された納骨堂もあります。
もともと納骨堂は、遺骨をお墓に入れられないなどの事情がある人が、一時的に遺骨を保管する場所でしたが、現代の核家族化によるお墓の継承者問題にあった継承者の必要のないお墓としてニーズが高まっています。

【納骨堂の特徴】
・ 交通の便が良いところに在ることが多いので、参拝がしやすい・ 費用を抑えてお墓を購入することができる
・ 室内が殆どなので、天候に左右されず参拝ができる
・ 永代供養であるところが殆どなので、継承者がいない場合も安心できる
・ 購入者の資格制限が厳しくなく宗旨宗派を問わないところが多い

合祀墓

合祀墓とは書いて字のごとく合わせて祀るお墓になります。
一つの大きなお墓に骨壺からご遺骨を出し、皆様を一緒に埋葬するタイプになります。
参拝をする際は、お墓のつくりにもよりますが大抵の場合、共用の参拝スペースなどに供花を持ち寄り、線香を上げることができます。
永代供養墓ですので、管理者が定期的(年に一回、または春秋のお彼岸毎など)に合同供養を執り行うところが殆どで、継承者がいない場合もきちんと供養することができます。

【合祀墓の特徴】

・共有のお墓なので費用を抑えてお墓を購入することができる・個別の墓石を建てる費用が不要なため経済的・お墓の維持費用がかからない
・永代供養であるところが殆どなので、継承者がいない場合も安心できる
・購入者の資格制限が厳しくなく宗旨宗派を問わないところが多い
・合葬になる為、ご遺骨の取り出しは不可能

樹木葬・散骨

昨今目にする機会が増えてきたのが、自然葬と呼ばれる樹木葬・散骨等の埋葬方法です。
自然葬とは墓石を用いない埋葬全般を指し、自然に還すという考えの埋葬方法です。
樹木葬は、墓地、埋葬等の法律による許可を受けた場所にご遺骨を埋葬し、大きな樹木をシンボルにしたり、埋葬地に苗木を植えたりするものや、花壇のようにきれいにお花で整備された場所に埋葬したりするものがございます。
散骨は、墓地、埋葬等の法律の許可を受けた場所(海・山・空等)にご遺骨を撒く埋葬方法です。

【樹木葬・散骨の特徴】

・個別のお墓を建てる費用が不要なため経済的
・自然に還すという埋葬の原点である
・花や草木や海など自然がきれいな場所に埋葬できる
・継承者が必要ないため、現代のお墓事情に合っている
・一部の樹木葬と散骨の場合、ご遺骨を取り出すことができない

あなたに合ったお墓のタイプは見つかりましたか?

全国お墓相談センターでは、あなたに「ピッタリ」をご提案いたします。